小学校英語上級指導者+(プラス)を取得しました

小学校英語上級指導者資格

この度、小学校英語上級指導者+(プラス)資格に昇格しました。

小学校上級指導者+(プラス)とは?
http://www.j-shine.org/card.html

「いつか地域に根ざした英語指導者になりたい!」
と夢見て第1子の育休中に取得した小学校英語指導者資格。

当時は会社勤めをしていたので、働きながら英語指導者としてのキャリアを積めたらと
2011年より息子たちの友達を中心に月1回幼児向けに英語サークルを開催しました。

その5年後、ついに小学校外国語活動指導員となるチャンスが訪れました。

初めは、見切り発車で右も左も分からず、教材研究とレッスン準備に追われる毎日でしたが
先輩指導員の授業を見学させて頂いたり、レッスンアイディアや温かいアドバイスのおかげで今では忙しくも楽しく外国語活動を行えるようになりました。

何より新たなキャリアに踏み出すことができたのは、これまで良き相談相手としてずっと傍で支え続けてくれた夫と、応援し続けてくれた家族のおかげだと感謝しています。

 

この仕事は教材研究~準備~当日の授業の流れまで自分に責任があり大変な時もありますが
今、改めて感じることは、
英語力を活かしながら「子育て中の女性」が活躍できる仕事だということです。
 

理由その1市川市では全指導員が女性。 子育て中の指導員も多い。
子育てしながら長年働いてきた先輩方(現在は介護を担っている方も数名)もいるのでキャリアパスが見えやすい。指導員間ではレッスンやゲームのアイディアの情報交換が活発にされていて年齢の差を超えて横の連携があり心強い。

理由その2:子供たちが相手の仕事のため、むしろ子育てしながらレッスンアイディアが浮かびやすい。息子たち(現在、小6と年長)も時に良きアドバイザーとして

「ママ、こんなゲーム楽しいんじゃない?」

「今度これをレッスンでやってみたら?」

とアイディアをくれます。

理由その3:小学校の授業が終わったら帰宅となるため、帰宅時間が読める。
学校とのコミュニケーションが大事ですが子供の学校行事が重なった場合、日程変更の相談がしやすい。

 

“Yesterday is history, tomorrow is a mystery,
 today is a gift of God, which is why we call it the present.” 

― Bil Keane

与えられた「今日」に感謝しながら
今後も子供達に楽しく英語を学んでもらえるよう色々な事にチャレンジしていきます。